薬剤師のピッキングのコツ、伝授します!正確に速くなるためには?

こんにちは、派遣薬剤師あいです。

私は今薬剤師8年目なのですが、

 

昔は、

「ピッキングが遅い!!」と先輩に言われたり、

ピックミスを連発して落ち込んだりして、

 

ピッキングに対してかなり苦手意識を持っていました。

 

ですが、

1日160枚くる店舗でひたすら調剤をしたり、
在宅の調剤を夜遅くまでやって、

たくさんピッキングをこなすことで、

「ピッキングはやくなったね!」

と言われることが増え、

やっと自信がもてるようになりました!

 

そんな私がみつけたピッキングのコツについて、
お話したいと思います!

棚の位置を把握する

バーコードリーダーを使ってピッキングする店舗は、
この話はあまり当てはまらないかもしれないですが、

バーコードの監査システムじゃなく
処方箋をみて自分で棚を探してピッキングする店舗では、

やっぱり棚をある程度覚えることが
ピッキングの速さにつながります。

  • 劇薬なのか?普通薬なのか?
  • 引き出しなのか?棚なのか?
  • 棚の上のほうなのか?下のほうなのか?
など、ある程度把握しておきましょう!

そのためには、率先してピッキングすることも大事ですが、
納品された薬をしまうことでも棚の位置を覚えやすくなります。

計算が苦手!何錠か分からない・・・!

まずは、28と35の倍数は覚えましょう。

28、56、112、140・・・・

35 70 105・・

よくでてくる数字です。

 

大学病院前だと、

91日分とか、84日分とかも多いので、
その倍数も覚えると楽です。

ウイークリーシートの数え方

ウイークリーシートってご存知ですか?

 

普通は10錠で1シートなのですが、

1日3回の薬は21錠で1シート。

1日2回の薬は14錠で1シートです。

 

ウイークリーシートの薬の場合は、

薬の錠数で考えるよりも、日数で考えたほうがはやいです。

 

例えば・・・

メチコバール500μg 3T
毎食後 30日分

だった場合、

1シートが7日分なので、

7日×4枚+2日分=30日

なので、

4枚と2列ピッキングすればいいのです。

 

こんな感じで日数で考えるようにしましょう。

間違えやすいシートに注意

10錠シートだと思って調剤して、数を間違えてしまった。
っていうミスが起こりやすいので、
10錠シートじゃないシートはどれか、
覚えておきましょう。

  • 6錠シート
    メトトレキサート タナベ
    バルトレックス
  • 8錠シート
    イトリゾールカプセル(8カプセルと10カプセルのシートがある)

漢方はどう数える?

ツムラの漢方の場合、1列が3包ずつなので、

分3の場合1日分で、7日分ずつの束になっているので
ピッキングはしやすいのですが・・・

私は新人の頃、ツムラで分2できたとたんに

2年前のあい
ええ~~と・・・・・・?

ってなってしまっていました。

 

でも、これは数をこなすうちに覚えることで、
悩むことなく調剤できるようになりました。

 

14包の場合は、4枚+2包です。

56包の場合は、2束+4枚+2包です。

なので、これは、覚えてしまったほうが楽だと思います!

ミスしやすいポイントを覚える

ミスが多くて、ピッキングが苦手って思っている方は、

ミスしやすいポイントを知りましょう。

 

過誤はレポートをつける、っていう店舗はあると思いますが、
ミスが多い場合は、ヒヤリハットも自主的に記録をつけるといいですよ。

正 アデホスコーワ腸溶錠 → 誤 アデホスコーワ顆粒

など、何をどう間違えたのか記録をつけることで、
自分の間違えの癖がわかります。

私は、自主的にヒヤリハットをつけることで
かなりミスが減りました!

本社から送られてくる、インシデントレポートとかを読むようにするのも、
大事です^^

ピッキングはあまりやりたくない、という方へ

あい
そうはいってもやっぱりピッキングが苦手だ。。
あい
ピッキングが好きじゃないんだよね~。できればやりたくない

って思う方もいると思います。

 

そんな方にオススメしたいのが、

派遣薬剤師です。

 

派遣薬剤師はピッキングはほとんどしない場合が多いです。

 

だれにでも苦手なこととか、嫌な業務ってあると思うんですよね。

 

「ピッキングがだるいな」って思う人もいれば、

逆に

「投薬が嫌だな。黙々と作業してたい。」

って思ってる薬剤師もいます。

 

なので、私は

それぞれが好きなものや得意なところを生かして伸ばしていったら、
みんな楽しく働けるのでは?

と思うのです。

 

私は、

発注とか、
本社から依頼される分析や、毎月の提出物、
棚卸の事後処理など

「薬剤師じゃなくてもできるじゃん!」って思うような業務に
毎日追われるのが嫌で、

派遣薬剤師になりました。

 

派遣薬剤師になることで、

自分の得意な監査や投薬に専念でき、
仕事も毎日楽しいですし

 

さらに、派遣先でほめてもらえたり、

「このままここで正社員になってほしい!」

と言ってもらえることで

 

「薬剤師になって本当によかった」

「これからも薬剤師として知識を得て、成長していきたい!」

って思えるようになりました!

 

 

派遣薬剤師って私にもできるのかな・・・

ってはじめはすごい不安だったんですけど、

 

単発派遣っていう、1日だけの派遣を
試しにやってみたら、

「意外とできるかも。」

って思ったんです。

 

派遣薬剤師になれるか不安だなって思っている方向けに
記事を書いているので、

昔の私のように、派遣薬剤師に不安を感じる方は
参考にしてくださいね^^

私でも派遣薬剤師になれる?不安なあなたへ

2018.11.22

 

ちなみに・・・・・・・・・

私は派遣薬剤師になって1年半ぐらいなのですが、

派遣薬剤師になることで、人生が大きく変わりました。

 

正社員の頃は、

残業ばかりでプライベートのない日々、
この枚数でなんで3人でまわせないの?と言ってくる上司。

GE率やかかりつけ取得のノルマに押しつぶされながら

自分の時間を削って、会社のために働いていました。

しかし、人生の時間には限りがあります。

 

私は派遣薬剤師になってどう変わることができたのか?

体験談をストーリーにしました!

派遣薬剤師に興味がある方は、参考になると思いますので、
ぜひ一度お読みください^^
派遣薬剤師になって人生が激変した話



最後まで記事をお読みくださりありがとうございます。

実はブログの他にもう一つ、
私がめちゃくちゃ気持ちを込めて作り込んでいるものがあります。  

それが・・・

薬剤師の理想の働き方を実現する無料メルマガ



私は、ブログやメルマガを通して、

「薬剤師になってよかった!!」

って心から思いながら働く人を増やしたいと思っています。


メルマガでは、
  • 薬剤師の理想の働き方
  • ブラック薬局の見分け方
  • 転職について
  • 仕事と人生について後悔しないために知っておくべきこと


などについて、私の実体験を交えながら
ブログでは話していない、濃い内容を話しています。


たった1度きりの人生だから
後悔したくない。


人生の大半を占める「仕事」だからこそ、

辛い思いをしたまま働き続けるなんて、もったいない!

と私は思います。


せっかく、勉強を頑張って、志を持って薬剤師になったのだから

「薬剤師になってよかった」

「仕事が楽しい」

と思いながら仕事をしたいですよね。


このメルマガでは、  
薬剤師としての理想の働き方を実現して、
人生がより良くなるような情報をお届けしていきます。



私から毎日届くメールを読むだけでも、考え方がガラッと変わったり、
これからの働き方に自信と勇気が持てるようになりますよ^^


限定特典付き+メルマガに無料登録する

  ただいま読者様を増やすキャンペーン実施中!(o'∀'o)

メルマガ登録のお礼に、
今登録された方限定

  【薬剤師の働き方に関する無料メール相談】

もお付けしちゃいます!


今の職場の悩みや、薬剤師としての悩み、
2年前のあい
今の私の職場、こんな感じなんですけど、どう思いますか?
2年前のあい
私でも派遣薬剤師になれると思う?
2年前のあい
薬剤師向いてないかもって悩んでるんです。。


など、どんな質問でもかまいません。


今後は派遣薬剤師専用のグループチャットも作ろうと思っているので、
その案内も、メルマガからお送りします。
 

もちろん不要の際はワンクリックで解除できます。

登録したからといって、私以外の人から変な広告メールが届くこともないですし、

私からメールをお送りすること以外で使うこともないので、ご安心ください。


それでは、

登録後の1通目を楽しみにしていてくださいね^^

限定特典付き+メルマガに無料登録する