過誤が多くて辞めたいと悩んでた私が、過誤や調剤ミスを減らした方法

過誤が多くて辞めたいと悩んでるあなたへ。過誤や調剤ミスを減らす方法

 

こんにちは、派遣薬剤師のあいです。

 

私は、今では

薬剤師になってよかった!

と 心から思いながら仕事をできているのですが、

実は、薬剤師2 年目の頃は、

 

毎日のように過誤を連発して、すごく辛い思いをしていました。

 

『毎日って嘘でしょ?』

と思われる方もいるかもしれないですが、

 

本当 のことなのです。。。

 

当時、私は薬剤師1年目の秋から、ほぼ一人薬剤師の店舗で働いていました。

 

なんで「ほぼ」なのか?というと、
薬剤師は私と薬局長の二人だったのですが、

薬局長は在宅の薬のお届けで、ほとんど薬局にいませんでした。

なので、実質、外来と在宅の調剤を一人で行う、

ほぼ一人薬剤師状態。

 

そして、18時になって、自分の店舗を閉めたら、
近くにある系列店の応援に呼ばれて20時までそこで働きます。
この店舗は、薬剤師3人体制なのですが、外来が忙しい店舗です。

20時になって、外来が終わるとようやく
自分の店舗に戻って、

そして、そこから在宅の調剤の続きを終電まで行う…

そんな生活を送っていました。

 

一年目の後半は、そんな 生活もなんとかこなしていたのですが、
二年目の春頃から、なんだかおかしくなってきました。

 

ピックミスが増えたり、監査で見逃してしまい、
毎日のように過誤 をするようになってしまったんです。

上司からは怒られ、
インシデントレポートを毎日書き、

 

私はなんてだめな人間なんだ…

薬剤師は私に向いてなかったんだ…

どうやって今まで過誤を 起こさないで働いていたのかわからない…

どうしたらいいかわからない、

つらい…

 

と、毎日泣きながら働いていました。

 

ですが、
そんな私も、神様からは見離されていなかったようです。

私の頑張りを理解して、 一緒にどうしたらいいか?
一つずつ考えてくれたエリアマネージャーのお陰で

私の過誤は次第に減っていきました。

 

それから1年後には、ピックミスもほとんどなくなり、

 

監査では他の薬剤師のミスに気づいて、
スタッフから「ありがとう」と言ってもらえるような、

そんな薬剤師になることができました。

 

当時の体験をもとに、

過誤を減らすためにはどうしたらいいのか?
という方法を今日はお話していきます!

1.過誤はあなただけの責任じゃない。環境要因を知る

過誤やヒヤリハットを起こすと、落ち込みますよね。

反省することは薬剤師としても大事ですが、
過誤が起きる背景には、環境的要因がたくさん絡んでいることが多いです。

過誤の環境要因
  • 残業続きで疲れている
  • 動線が悪く、効率が悪い動きをしている
  • 収納スペースが少なく、薬局内が散らかっている
  • 人間関係が悪く集中できない・萎縮してしまう

などです。

毎日遅くまで残業する日々が続くと、
体は動いても、集中力が落ちたり、頭が働かなくなります。

 

人手不足で、過重労働になっていませんか?
業務に終わりがみえなくて、常に焦った気持ちで仕事していませんか?

 

もしそうだったとしたら、
人を一人入れてもらうよう、上司に相談しましょう。

 

薬局長が、上に言ってくれないようだったら、
薬局長のさらに上の役職の人(エリアマネージャーなど)に、直接相談してもかまいません。

 

その場合は、

「本来は薬局長から言ってもらうべきなのですが、
薬局長に理解してもらえなかったので、

内密に相談させてください。」

と言ってから相談するほうが、スムーズです。

あい
そうは言っても言いづらいかもしれないけど、、、
言ったほうが、後々楽だよ。

ある程度、上の人とのつながりがあると言いやすいかもね。

 

人件費を抑えたい会社としては、
人を一人入れてほしいという要望がすんなりと通ることは難しいです。

なので、

「業務が終わらず、遅くまで残業が続いて辛い。
 集中力も落ちて過誤が増えてきた。

 本心としては、薬剤師を一人入れて欲しいけど、
 難しいお願いだとはわかっているので、
 エリアマネージャーに一度私の店舗にヘルプにきて欲しい。

 薬局の現状を知って欲しい。
 業務改善できる部分があれば教えて欲しい。」

「薬剤師一人入れるのが難しければ、
 事務さんやパートさんを一人入れてくださるだけでも変わります。」

と、伝えてみてください。

 

あい

ポイントは、

ただ人を入れてほしい!!って主張するんじゃなくて、
薬剤師を1人入れるのは難しいのは分かってるんですけど・・・
って感じで言うこと。(笑)

わがままっぽく聞こえないように心がけよう!

 

 

店舗内で話し合っても、何も解決できない場合、

大事なのは、

店舗外の偉い人に頼ることです。

 

散らかっていたり動線が悪ければ、改善策を教えてくれるかもしれません。

業務過多で過重労働になっている場合は、
ヘルプを入れてもらえたり、人を一人入れることを検討してくれるかもしれません。

 

まじめなあなたは、自分のことばかり責めてしまい、
今辛い思いをしているかもしれませんが、

顔をあげてくださいね(*^^*)

そして、過誤はあなただけのせいじゃない、ということを知って欲しいのです。

 

もちろん、過誤を起こさないよう、あなた自身も努力する必要はありますが、
店舗や会社全体で、改善していかなければならない場合もたくさんあります。

過誤が続く場合は、

過誤を一人で抱え込まず、まわりに頼るようにしてください^^

2.上司から、調剤・監査・投薬の方法を正しく教わっていますか?

過誤を起こして、私が信頼しているエリアマネージャーが対策を考えにきてくれたとき、

「私の監査や、投薬方法がだめ!!薬局長から、何も教わってないの・・・・???!」

と指摘されました。

 

指摘されたことは、

  • 監査で錠数が不安だったら、調剤録に印刷されている錠数を頼りに監査する
  • 漢方などを数えるときは、両側とも数える(一包だけ切れていることもあるから)
  • 監査した薬を薬袋に入れる時にも、薬と薬袋に書かれている薬品名が一致しているか確認する
  • 投薬時に患者さんに説明するときは、薬情を患者に見せながら、薬を実際に患者に見せて、
    薬情の写真・薬品名と、実際に手に持っている薬が同じか確認する
  • 投薬時に薬袋に薬を戻すときは、再度、薬と薬袋に書かれている薬品名が一致しているか確認する
などです。

 

私は、

監査で薬が合っているか確認する、投薬では患者に指導する、という認識でいたので、

投薬時に、薬が合っているか?というのは確認していなかったんです。

また、薬袋へのしまい方もそんなふうに確認するなんて、知りませんでした。

 

私は、こんなにも、確認をしていなかったんです。

私のやり方は違ったんだ・・・と知って、衝撃を受けました。

 

もしかしたら、これらのことは、誰からも教わらずにできる人もいるのかもしれません。

ですが、私は教えてもらうまで、気づくことができませんでした。

 

エリアマネージャーは、

「なんで、あいさんにちゃんと教えてあげなかったの!」

と薬局長に怒っていました。

 

あなたはどうですか?
調剤・監査・投薬で、しっかりと薬を確認できていますか?

 

もし不安があるようなら、
あなただけが悪いんじゃない。

調剤・監査・投薬の方法を教えられていないだけかもしれません。

3.焦っている。

焦っている原因としては、

原因1.1のように業務過多で、終わりがみえず、焦っている

在宅調剤の締め切りが迫っているのに、全く終わる気配がないと、
焦ってしまいますよね。

 

これに関しては、
1.でお話したことをまずは実践してみてください。

焦りの原因2.患者さんがたくさん待っていて焦っている

『患者さんを待たせたらかわいそう』

『患者さんを待たせたら怒られるかもしれない』

という気持ちもあるかもしれないです。

 

ですが、冷静に考えてみてください。

調剤ミスをすることのほうが、患者さんに迷惑をかけてしまいます。

 

患者さんを待たせて怒られるかもしれないということに関しては、
投薬時に、お待たせして申し訳ございません。と心から謝罪しましょう。

 

もしそれで怒ってしまう患者がいたら、謝り続けながら

『あー運が悪い患者に当たっちゃったな』

と思うようにしましょう。

ちなみに、この考え方かなり大事ですよ。

 

あと、在宅と違って、外来は必ず終わりが来ます。

患者が途切れずたくさん待っているときは

『いつかは終わる・・・!』

と思うようにしましょう。

焦りの原因3.自分の動きが他のスタッフより遅く迷惑をかけていると感じて焦ってしまう

この気持ちわかります。
私は長年劣等感を感じて生きていました。

 

でも、急ぐことと焦ることは違うんだと理解できるようになってからは、
落ち着いた気持ちで仕事をできるようになりました。

 

また、仕事が遅くて上司からプレッシャーをかけられているというのは
とてもつらいと思いますが、

プレッシャーをかけることでしか後輩を指導できない先輩も悪いのです。

 

本来であれば、
精神的プレッシャーをかけるのではなく、

どのように動けばはやく調剤できるようになるのか?
どのように考えて動けば効率的に動けるようになるのか?

そういったテクニックや考え方を冷静に指導するべきです。

なので、

 

はやく!と言うだけだったり、
遅いなあ・・・という目で見ることしかできない先輩も悪いんですよ。

 

先輩に感情的にせかされたり、
そういった態度をとられたときは、

『ああ・・・またプレッシャーかけてきてる。
プレッシャーかけるだけじゃはやくならないのに。』

 

って思うと、冷静になれて、焦る気持ちも少し落ち着くかもしれません。

4.落ちこむことは反省にはならない

過誤を起こしたら、落ち込みますよね。
その気持ちはよく分かります。

ですが、落ち込むことが反省にはならないということを理解できていますか?

 

過誤や調剤ミスをしたら、

なぜ自分はそのようなミスをしたのか、毎回考えるようにしてください。

 

私はインシデント(過誤)だけではなく、ヒヤリハットも
過誤と同様に考え、自分で記録をつけて、
なぜそういったミスが起きたのか毎回考えるようにしてました。

 

よく、
インシデントの原因に「知識不足」と記入する薬剤師がいます。

この規格があるのを知らなかった、は理由になりません。

なぜなら、処方箋と薬の名前が一致するかしっかり確認できていれば
規格の知識がなくてもミスしないからです。

要は、処方箋をよくみることができなかった原因を考えるのです。

 

結局のところ、

処方箋と違う薬を出してしまったという過誤の場合は、
処方箋と薬をよくみていない

それが原因であることが大半です。

 

どうしたら、よくみることができるようになるのか?

それを考えてみてください。

5.分からないことをそのままにしない

分からないのに、スルーしてそのまま調剤してしまう。

これは薬剤師として一番やってはいけないことだと思います。

 

焦っていたり、他のことに気をとられていたり・・
もしかしたら、分からないと言うのが恥ずかしいという気持ちもあるかもしれません。

 

ですが!

過誤をしたくないのなら、患者さんに健康被害を起こしたくないのなら、
添付文書確認を徹底しましょう。

 

もし分からない、知らない、と言うのが恥ずかしいのなら・・・

 

薬の知識をつけるしかないです。

 

投与量、上限量、適応
用法は食前投与なのか、食直前投与なのか?

たくさん覚えるべき知識はあります。

 

知識はあなたの武器と盾になります。

 

過誤を起こさないために、
恥ずかしい思いをしないように、
ヒヤリとした気持ちを味合わないように・・・・

知識をつけていきましょう。

 

私は、1~5を実践することで、

 

薬剤師三年目には、ピックミスもほとんどなくなり、

監査では他の薬剤師のミスに気づいて、
スタッフから「ありがとう」と言ってもらえるような、

そんな薬剤師になることができました。

 

そして、今は派遣薬剤師としていろいろな薬局をまわりながら働いています。

なぜ派遣薬剤師を選んだのか?というと、

理由はいろいろあるのですが、

 

派遣薬剤師になっていろいろな店舗をまわり
たくさんの処方に触れ、薬の知識をつけたい!!

 

と思っているからです。

昔過誤で悩んだからこそ、
知識の重要性を理解しているつもりです。

 

派遣薬剤師になることで、
私は人生が変わりました。

 

正社員の頃の私はというと・・・

残業地獄だったので、家に帰ったら寝るだけの生活でした。

友達との飲み会があっても行けないし、
ジムに行ったり、習い事をする余裕もありません。

薬の勉強も、

『したい!いや、しなきゃいけない!!』

と思っていたのに、残業して仕事から帰ると、

『家でぐらい仕事のことは忘れたい』

と思ってしまって、勉強しませんでした。

 

また、土曜日に、友達や彼氏と遊ぶことができないのも、
私にとってはつらかったです。

勉強をしなければいけないのに、しない自分に対する嫌悪感や、劣等感
趣味や友達との時間を充実させたいのに、できない葛藤などで、
心が押しつぶされそうでした。

ですが、今は違います。

 

派遣薬剤師になってから
その全てがかなうようになりました。

仕事も、勉強も、趣味も、家族との時間も
全てをバランスよくこなすことができて

自分のやりたいことが自由にできるって、
こんなに人生楽しいんだ!

と日々感じることができています。

私が派遣薬剤師になってどう変わったのか?

 

物語にしてみたので、
よかったらこちらも読んでみてくださいね^^
(画像をクリックすると読めるようになっています)

派遣薬剤師になって人生が激変した話



最後まで記事をお読みくださりありがとうございます。

実はブログの他にもう一つ、
私がめちゃくちゃ気持ちを込めて作り込んでいるものがあります。  

それが・・・

薬剤師の理想の働き方を実現する無料メルマガ



私は、ブログやメルマガを通して、

「薬剤師になってよかった!!」

って心から思いながら働く人を増やしたいと思っています。


メルマガでは、
  • 薬剤師の理想の働き方
  • ブラック薬局の見分け方
  • 転職について
  • 仕事と人生について後悔しないために知っておくべきこと


などについて、私の実体験を交えながら
ブログでは話していない、濃い内容を話しています。


たった1度きりの人生だから
後悔したくない。


人生の大半を占める「仕事」だからこそ、

辛い思いをしたまま働き続けるなんて、もったいない!

と私は思います。


せっかく、勉強を頑張って、志を持って薬剤師になったのだから

「薬剤師になってよかった」

「仕事が楽しい」

と思いながら仕事をしたいですよね。


このメルマガでは、  
薬剤師としての理想の働き方を実現して、
人生がより良くなるような情報をお届けしていきます。



私から毎日届くメールを読むだけでも、考え方がガラッと変わったり、
これからの働き方に自信と勇気が持てるようになりますよ^^


限定特典付き+メルマガに無料登録する

  ただいま読者様を増やすキャンペーン実施中!(o'∀'o)

メルマガ登録のお礼に、
今登録された方限定

  【薬剤師の働き方に関する無料メール相談】

もお付けしちゃいます!


今の職場の悩みや、薬剤師としての悩み、
2年前のあい
今の私の職場、こんな感じなんですけど、どう思いますか?
2年前のあい
私でも派遣薬剤師になれると思う?
2年前のあい
薬剤師向いてないかもって悩んでるんです。。


など、どんな質問でもかまいません。


今後は派遣薬剤師専用のグループチャットも作ろうと思っているので、
その案内も、メルマガからお送りします。
 

もちろん不要の際はワンクリックで解除できます。

登録したからといって、私以外の人から変な広告メールが届くこともないですし、

私からメールをお送りすること以外で使うこともないので、ご安心ください。


それでは、

登録後の1通目を楽しみにしていてくださいね^^

限定特典付き+メルマガに無料登録する