病院で働いてみたい方必見!病院の薬剤師派遣に関する全知識

病院で働いてみたい方必見!病院の薬剤師派遣に関する全知識

薬剤師の派遣といえば、
調剤薬局やドラッグストアをイメージされる方が多いと思うのですが

病院の派遣薬剤師の求人があることをご存知ですか?

 

今日は病院の派遣薬剤師に関する知識について
全てお話したいと思います!

病院の派遣薬剤師は実は禁止?

タイトルのとおり、

病院の派遣薬剤師は実は原則禁止されているんです。

 

2年前のあい
じゃあ、病院の派遣薬剤師は違法なの?

というと、そういうわけではありません。

これには例外があるんです。

病院・診療所等における医療関連業務の禁止

医師、歯科医師、薬剤師の調剤、保健婦、助産婦、看護師・准看護師、栄養士等の業務
ただし、以下の場合は可能である。

(1)紹介予定派遣
(2)病院・診療所等(介護老人保健施設または医療を受ける者の居宅において行われるものを含む)以外の施設、(社会福祉施設等)で行われる業務。
(3)産前産後休業・育児休業・介護休業中の労働者の代替業務。
(4)就業の場所がへき地・離島の病院等及び地域医療の確保のため都道府県(医療対策協議会)が
必要と認めた病院等における医師の業務。

(2)は病院以外の話、(4)は医師の話なので、

病院への派遣薬剤師でも、

(1)と(3)に当てはまる場合は問題ないということになります!

 

この2つのうち、現場で多いのは、

(3)産前産後休業、育児休業、介護休業を取得した労働者の代替業務の場合

のパターンです。

もともと働いていた人が、産休や育休で休む場合に、
期間限定で派遣薬剤師を雇用する、という場合ですね。

産休・育休

 

求人検索をしてみると、ほとんどがこのパターンであることがわかると思います!

産休代替

 

産休代替

 

産休代替・育休代替

 

ひと昔前は、病院薬剤師は産休・育休を取りにくく、
結婚したら仕事を泣く泣く辞める・・・といったことも多かったのですが、

近年は、産休・育休制度を活用する薬剤師は増えていて、

その結果、産休に入る薬剤師が何人も続いたり、
育児休業や介護休業が伸びたりする機会が多くなっているので、

そのぶん病院派遣薬剤師の需要も高まっていると言えます。

 

では(1)の紹介予定派遣とは何のことでしょうか?

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣

契約書に明記された期間は派遣として働き、双方が納得の上で正社員になるという働き方です。

実際に働いてみないとわからない職場の雰囲気や
人間関係などを知った上で正社員になることができるのがメリットです。

また病院や医療施設にとっても、
働きぶり(スキルや知識)を見たうえで採用するかどうかを判断できるので、

ミスマッチを防ぐことができます。

もちろん

「想像していたのと仕事内容が違った」
「業務を遂行するに足る知識や手技が不十分」

などの理由で双方が納得しなければ、
派遣期間の満了をもって契約終了というケースもあります。

 

では実際に、病院の派遣薬剤師はあるのか?

といいますと、
求人数は少ないですが、もちろん存在しています。

ここで気になってくるのが、時給や勤務時間についてです。

病院の派遣薬剤師の実態は?

病院派遣薬剤師の実態1.病院派遣薬剤師の時給

病院派遣薬剤師の時給

病院派遣薬剤師の時給は、調剤薬局より若干低めです。

病院 2500円~3300円 (2500円~2700円が多い)
薬局 2500円~3500円 (2700円~3000円が多い)

 

若干低め、とはいえそんなに変わりません。

求人を選べば、薬局と同じ時給で働くことができます。

病院派遣薬剤師の実態2.病院派遣薬剤師の時給交渉

病院派遣薬剤師の時給交渉

病院での実務経験があったり、スキルや経歴が高く評価されれば、
薬局やドラッグストア以上の時給で契約できる場合もあります。

また、時給が高くなる繁忙期に合わせて交渉すれば、
閑散期に比べ高い時給を得やすくなります。

病院派遣薬剤師の実態3.病院派遣薬剤師の契約期間

病院派遣薬剤師の契約期間は、
調剤薬局に比べると長いことがあります。

これは前述した通り、
「産前産後休業、育児休業、介護休業を取得した労働者の代替業務」
で派遣されている場合がほとんどだからです。

休職者の代替要員として勤務しているので、
休職者が復帰するタイミングで派遣契約が満了するということになるのです。

つまり、産休・育休の場合は約1年ぐらい。

病院派遣薬剤師の契約期間

薬局は基本的に2か月ずつの契約更新なので、
それに比べると長いですね。

 

ただ、

「1年も契約するのは不安。」
「もっと短い期間がいい!」

という方は、

契約期間を『応相談』と書いてある求人や、
『契約期間1~2か月も可』と書いてある求人もあるので、
そういった求人を探してみてください^^

病院派遣薬剤師の契約期間

病院派遣薬剤師の実態4.病院派遣薬剤師の勤務時間

病院派遣薬剤師の勤務時間

クリニックは遅くまであいていることが多いため、
調剤薬局やドラッグストアの求人は
18時までや20時までといったものが多いですが、

病院は17時終業の求人が多いです!

《勤務時間の求人例》

薬局 10時~19時、10時~20時
病院 8時半~17時

つまり、病院派遣薬剤師は

早く帰りたい方にとっては大きなメリットになりますね。

病院派遣薬剤師の実態5.病院派遣薬剤師の残業

これは薬局にも言えることですが、
派遣は雇用契約で定められた時間内での勤務が基本です。

なので、残業は基本的にありません。

 

まれに、
契約を結ぶ際に、

「残業をお願いできませんか?」

とあらかじめ交渉される場合があります。

 

残業OKであれば、残業前提での契約内容を結ぶこともありますが、

残業NGであれば、その旨をあらかじめ派遣会社の担当者に伝えておけば、
交渉は全部派遣会社がやってくれるので、
事前にしっかりと希望を伝えるようにしましょう。

病院派遣薬剤師の実態6.勤務日数

これは、産休・育休をとる方がもともと
週何日で働いていたか、によるのですが、

 

週5、フルタイムの募集が多いです。

ですが、まれに週3~OKだったり、週1の募集もあるので、
派遣会社に確認してみましょう。

病院派遣薬剤師の就業時間

病院派遣薬剤師の実態7.病院派遣薬剤師は休みはとれる?

産休・育休をとっている方の代わりに雇用されているので、

休みは基本的に歓迎されません。

薬局の派遣薬剤師の場合は、
前もって休みの希望を派遣会社と派遣先に伝えれば、
他の派遣薬剤師を単発で入れて埋めてもらうことも可能ですが、

病院の派遣薬剤師の場合は、単発で埋めるというのもしにくいため、
休むことで、他の現場スタッフにしわ寄せがきてしまいます。

家庭の事情で急な休みを頻繁に取る可能性がある薬剤師には
不向きであるといえます。

病院派遣薬剤師の実態8.当直や夜勤はある?

通常、病院で勤務する薬剤師には「夜勤」や「当直」がありますが、

派遣社員には夜勤や当直はありません。

 

そのため、
昼間はしっかり働いて、夜は家族との時間を大切にしたり、
友達と夜ごはんを食べに行ったり、趣味に時間を費やすことができます。

病院の派遣薬剤師の仕事内容

最も多いのは、『調剤』です。

病院派遣薬剤師の仕事内容 病院派遣薬剤師の仕事内容

薬局で働いていると、注射に関する知識が疎く
苦手意識があったり
ちょっとコンプレックスだったりするので、
注射調剤ができる求人いいかも!と私は思いました。

病院派遣薬剤師の仕事内容

 

まれに、幅広い内容の仕事もあり、
こういった求人は勉強になりそうですね!スキルアップによさそうです。

病院派遣薬剤師の仕事内容 病院派遣薬剤師の仕事内容

病院の派遣薬剤師は病院未経験でも大丈夫?

結論から言うと『病院での勤務経験』は問わない病院が多いです!

上記であげたとおり、主な業務は『調剤業務』なので、
薬局で調剤経験があれば、十分対応できます。

病院派遣薬剤師の仕事内容

ただし、調剤の経験は必須である場合が多いので、
企業やMRをしていて、調剤未経験の方は厳しいです。

 

また、

病院によっては、医師とのコミュニケーションも重要な業務となってきます。

薬局に比べ、「一歩踏み込んだ」業務をすることになるので、
その点を理解した上で応募しましょう。

病院の派遣薬剤師はどんな人に向いている?

ここまでの話から
病院の派遣薬剤師はどのような人に向いているか、考えてみました!

  • 趣味や勉強の時間を充実させたい!家族との時間を大切にしたい!
    『早い時間に帰宅したい方』
  • スキルアップや勉強に。病院で一度働いてみたい方
  • チーム医療や注射など薬局ではあまり触れることができない業務をしてみたい方
  • 薬局は飽きちゃった。新しい刺激が欲しい方
以上にあてはまる方は病院の派遣薬剤師を検討してみてはいかがでしょうか。

 

逆に、

  • 介護や小さいお子さんがいて、たびたび休んでしまう方
  • 調剤が未経験の方
は、病院の派遣薬剤師は控えたほうがいいでしょう。

 

最後に、病院の派遣薬剤師をするなら、どこの派遣会社がいいか?

ということについて話していきますね。

派遣会社によって時給が全然違ったり、
病院の派遣薬剤師の求人がなかったりするので、

派遣会社選びも大切ですよー!

病院の派遣薬剤師をするなら、どの派遣会社がオススメ?

ファル・メイト

私が登録しているファルメイトでは、
薬局求人に比べるとかなり少ないですが、病院の派遣薬剤師の求人もあります。

ファルメイトがなぜオススメなのかというと、

時給が高いからです!

特に、関西では時給2700円以上、関東では2800円以上を最低限保証しており、
病院の場合でも、時給3000円の求人が普通にあります。

同じ時間労働するなら、時給は低いよりは高いほうがいいですよね・・・?

病院の求人は、薬局の求人に比べると時給が低いことが多いですが、

ファルメイトを利用すれば、
薬局と同じ時給で働くことができますよ。

 

薬キャリ(m3)

薬キャリも、登録して利用させていただいているのですが、

薬キャリの特徴は、なんといってもその求人の多さ!

どこの派遣会社でも薬局の求人に比べると
病院の派遣薬剤師の求人は少ないのですが、

薬キャリは求人数が多いため、その分応募するチャンスも多いということです。

また、病院の派遣薬剤師の求人の傾向や相場を知るのにも、
求人は多いほうが情報収集しやすいですよね。

そんなわけで薬キャリもオススメです。

薬キャリは、求人数だけじゃなくて、
他の派遣会社にはない、超お得な福利厚生がたくさんあります。

詳細・体験談記事にまとめているので、読んでみてくださいねー^^

 

最後に。

「病院の派遣薬剤師もしたいけど、薬局やドラッグストアでも働きたい~!」

という方は、

こちらの派遣会社のランキング記事をご覧ください^^

世の中の薬剤師派遣会社ランキングは間違っている!!正しいランキングとは?

2018.10.25


最後まで記事をお読みくださりありがとうございます。

実はブログの他にもう一つ、
私がめちゃくちゃ気持ちを込めて作り込んでいるものがあります。  

それが・・・

薬剤師の理想の働き方を実現する無料メルマガ



私は、ブログやメルマガを通して、

「薬剤師になってよかった!!」

って心から思いながら働く人を増やしたいと思っています。


メルマガでは、
  • 薬剤師の理想の働き方
  • ブラック薬局の見分け方
  • 転職について
  • 仕事と人生について後悔しないために知っておくべきこと


などについて、私の実体験を交えながら
ブログでは話していない、濃い内容を話しています。


たった1度きりの人生だから
後悔したくない。


人生の大半を占める「仕事」だからこそ、

辛い思いをしたまま働き続けるなんて、もったいない!

と私は思います。


せっかく、勉強を頑張って、志を持って薬剤師になったのだから

「薬剤師になってよかった」

「仕事が楽しい」

と思いながら仕事をしたいですよね。


このメルマガでは、  
薬剤師としての理想の働き方を実現して、
人生がより良くなるような情報をお届けしていきます。



私から毎日届くメールを読むだけでも、考え方がガラッと変わったり、
これからの働き方に自信と勇気が持てるようになりますよ^^


限定特典付き+メルマガに無料登録する

  ただいま読者様を増やすキャンペーン実施中!(o'∀'o)

メルマガ登録のお礼に、
今登録された方限定

  【薬剤師の働き方に関する無料メール相談】

もお付けしちゃいます!


今の職場の悩みや、薬剤師としての悩み、
2年前のあい
今の私の職場、こんな感じなんですけど、どう思いますか?
2年前のあい
私でも派遣薬剤師になれると思う?
2年前のあい
薬剤師向いてないかもって悩んでるんです。。


など、どんな質問でもかまいません。


今後は派遣薬剤師専用のグループチャットも作ろうと思っているので、
その案内も、メルマガからお送りします。
 

もちろん不要の際はワンクリックで解除できます。

登録したからといって、私以外の人から変な広告メールが届くこともないですし、

私からメールをお送りすること以外で使うこともないので、ご安心ください。


それでは、

登録後の1通目を楽しみにしていてくださいね^^

限定特典付き+メルマガに無料登録する